電話連絡なしや勤務先に内緒で借りれる?

電話連絡なしで借りれるところはあるの?

 

カードローンの契約をする時、気になってしまうのが電話での在籍確認ですね。

 

勤め先に電話がかかってくるのは、困るので電話連絡なしで借り入れの審査をしたいものです。

 

一般的な審査の際の電話連絡について

電話する女性

カードローンの審査では、一般的に電話連絡による在籍確認が必要です。

 

この時、カードローン会社からは個人名を名乗って電話をしてきます。
個人名からの電話なので、職場で不審がられる可能性は低いと言えるでしょう。

 

実際のところ、会社にセールスの電話がかかってくることは多いので、自分でも不思議がっておけば大丈夫なように思います。
不動産会社の身元確認とでも言っておけばいいかもしれません。
それでも職場に電話がかかってくるのを避けたいのなら、電話連絡のないカードローンを選ぶといいでしょう。

 

では、電話による在籍確認なしでカードローンの契約をすることは可能なのでしょうか?

 

電話連絡なしで契約できるところもありますので、申し込みの流れを見ていきましょう。

 

おすすめのカードローン

モビット
モビット

電話での連絡や郵送物がなし!
WEBからの「WEB完結申込」ならお申込み〜ご利用までネットとメールだけで完結!電話連絡なし!
本審査完了まで最短30分で速い!さらにWEB完結申込だとカードレスですぐにご利用可能!(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)
審査に必要な書類もネットで提出!スマホで簡単に送れるモビット公式アプリも有。

実質年率 3.0〜18.0% 利用限度額 1万円〜800万円
融資スピード 最短即日利用も可能(※) 審査スピード 10秒簡易審査


モビットの公式サイトはこちら

 

プロミス
プロミス

プロミスのご利用が初めての方で、ご契約時にメールアドレスの登録・WEB明細の利用の方は、30日間無利息に!お得にお借り入れ!
パートやアルバイトなどで安定した収入がある方なら、主婦や学生の方でもお申込み可能!
申込や借入、返済も24時間365日いつでもOK!

 

実質年率 4.5〜17.8% 利用限度額 限度額500万円
融資スピード 最短即日利用も可能 審査スピード 最短30分


プロミスの公式サイトはこちら

 

新生銀行レイク
新生銀行カードローン レイク 【主婦OK!】

お客様のご都合に合わせて選べる2つの無利息ローンのサービスが!
初めてレイクをご利用の方で契約額1〜200万円で180日間無利息(5万円まで)または、30日間無利息(借入額全額)
その場で結果が出るのでその日のうちにお借り入れ可能!(審査結果おしらせ時間外の場合翌営業日)

 

実質年率 4.5〜18.0% 利用限度額 限度額500万円
融資スピード 最短即日利用可能 審査スピード 画面上ですぐに結果表示


新生銀行カードローン レイクの公式サイトはこちら

電話連絡なしのカードローンの申し込み方法

 

電話連絡なしにお金を借りるには、申込時に保険証や給料明細での確認でOKなカードローンを選ぶ事が大切です。

 

電話連絡なしなので、保険証や給料明細で会社に在籍している確認がとれればOKです。

 

電話連絡が要らない方がおさえておきたいポイント

@WEBで申し込みをする。
A給料明細や保険証での確認を希望する

 

返済が遅れると電話連絡が来るので注意!

ビックリマーク

審査の時の電話連絡を乗り切れても、キャッシングの返済が遅れてしまうと自宅に電話がかかってくる可能性が出てきます

 

返済し忘れていたという程度ならまだまだ大丈夫ですが、ちゃんと返済が遅れると連絡を入れないと電話が自宅にかかってくる可能性があります。
そうならないように返済が遅れそうだったら前もって自分から連絡を入れるようにしましょう。

 

そういった自宅や携帯への電話連絡がいらないという方ほど、返済は滞らないように注意しておく必要がありそうです。

 

返済さえ気を付けておけば、職場への電話については大きな心配はしなくて大丈夫です

 

お金を借りるにはいろいろと事情があるわけで、職場に知られたくないと思うのは当然と言えます。

 

できるだけばれずにキャッシングしていきましょう。

 

プロミスの審査では電話がかかってくる?

プロミスにカードローンの申し込みをする場合、在籍確認の電話がかかってきます。

 

これは審査の過程で必ず必要になる電話で「申込書に記入した勤務先に本当に勤めているか」どうかを、確かめる作業として欠かせないものです。
基本はプロミスの担当者が申込書に記入した勤務先に電話をかけてきて、本人がいるかどうかを確認します。

 

プロミスでは、社名を出さないで担当者個人の名前で連絡をしてくれます。

 

本人が直接電話に出れば、ここで在籍確認は完了です。

 

本人不在で他の職場の人がとった場合は、本人が在籍していることが確認できれば再連絡は来ません。

 

「席を外している」などという本人がいるということが確認できる返答を得られれば、審査には問題ないからです。

 

勤務先の電話番号はどの番号を記入すればいいか迷いますが、これは雇用形態によって異なります。

 

まず、正社員・公務員・契約社員なら、勤務先の代表番号を記入しておきます。

 

申し込みの際には所属部署も記入する欄があるので、部署を指定して指名してくれるので同性の人がいても大丈夫です。

 

派遣社員の場合は、申し込みの際に「派遣元の情報を書いてください」となっていますが、在籍確認しやすいのは派遣先の代表番号なので、こちらに連絡してもらうようにします。

 

本人確認のときに、在籍確認の連絡は「直接派遣先の番号にかけて欲しいと」伝えておくといいでしょう。

 

個人事業主は、事務所や店舗の番号を記入します。自宅兼店舗の場合は自宅の番号を記入します。

 

アルバイトの場合は、勤務先の店舗や支店の代表番号を記入しておけばいいです。

 

プロミスに、電話連絡が不要な他の方法で在籍確認をして欲しいという場合は、相談次第では他の方法を考えてもらえる場合もあります。

 

勤務先に連絡がつきにくいという場合など特殊なケースだけですが、相談内容によっては対応してもらえる可能性があります。

 

在籍確認がすぐにできなくても即審査落ちということはありませんが、審査で重要な項目のひとつなので、クリアできるようにしておきましょう。

 

また、プロミスのWEB完結なら、カードレスで郵送物も一切送られてくることなく、申し込み・借入・返済をすべてWEBで行えるので、カードや郵送物がいらない人にはぴったりのサービスです。

 

新生銀行レイクでの審査と在籍確認の電話

新生銀行レイクの審査は、一般的なカードローンの審査とかわりません。

 

年収とか勤務先、個人信用情報などのデータをもとに行われるのです。

 

これらは、保証会社である新生フィナンシャルが行っています。

 

新生銀行レイクはどちらかというと消費者金融の審査に近いです。

 

そのため融通がききやすいといわれているのです。
土曜日とか日曜日、夜間の在籍確認の電話なども相談にのってくれるのです。

 

安定した収入があり、個人信用情報にキズがないのであれば、比較的簡単に審査に通るといわれています。

 

個人信用情報のキズとはどのようなものかというと、キャッシングとかローン、分割払いなどの長期延滞とか自己破産などのことをいいます。

 

新生銀行レイクは、無職の専業主婦の方でも利用できます。年収が、200万円以上で勤続年数が1年以上あれば有利になります。

 

公務員とか正社員が理想なのですが、非正規雇用でも申し込みは可能となっています。審査結果は申し込み画面に表示をされます。

 

その後に、本人確認書類を提出して契約となるのです。自動契約機で申し込みをする場合には、カードの発行までに一時間もかかりません。

 

そのため、できるだけ申し込みは最初にインターネットから済ませておくことがおすすめです。

 

新生銀行レイクの場合にも、在籍確認の電話は行われています。連絡は、お客さんのプライバシーのことを考えて、担当者の個人名でかかってくるので安心できます。

 

また、新生銀行レイクの場合には、携帯とか自宅への本人確認の電話や職場への在籍確認の電話があります。

 

もちろん、職場に電話をかけてくる場合でも新生銀行レイクの場合は絶対に会社名を出さないので大丈夫です。

 

個人名でかけてくるので職場の人に借金がばれてしまう心配は全くありません。

 

もし、電話連絡なしで済ませたいという方はWEBで申し込んだあと、サポートに問い合わせて相談してみましょう。

 

電話連絡の代わりに給料明細書などで在籍確認をしてもらえる場合があります。