お金を借りたい人は必要書類を用意しましょう

免許証のイラスト

親戚や友人が結婚したり、子供が生まれたりすると、何かお祝いの品を贈らなければなりません。

それが月初めで、給料をもらったばかりの頃なら、財布の中にも余裕があるでしょうが、月末が近い場合は、そんな贈り物を買えるほどはなかったりするので、困ってしまいますよね。
そのまま何も贈らないでいると、冷たい人と思われ、疎遠になってしまう可能性もあるので、そんなときは消費者金融や銀行からお金を借りることをおすすめします。

 

パソコンや携帯電話さえあれば、お店まで行かなくても、その場で申し込めますし、たとえ深夜や早朝であっても、インターネットなら24時間365日いつでも受け付けているので、時間を気にしなくて済みます。

 

1万円から借りられるので、あまりたくさん借りると返済が大変だと思うなら、必要最小額だけ申し込んでください。

 

キャッシングやカードローンの申し込みには、担保や保証人はいりませんし、少額融資の場合は収入証明書も不要なので、贈り物を買う程度のお金だったら、必要書類だけ用意すればOKです。
この必要書類というのは、名前や住所、年齢等を確認できるものなので、一般的には運転免許証や健康保険証になります。
それらがない場合は住民票やパスポートでも良い場合があるので、各ローン会社の公式サイトで確認してから申し込んでください。

 

必要書類をもとに、ローン会社が審査を行ってから結果を出すので、しばらく待てば、合格か不合格かがわかります。
めったなことでは不合格にならないので、お金を借りたいときは利用するようにしましょう。

 

電話連絡なしのおすすめのカードローンはこちら